てっちゃんブログ☆ゲーム時々日常☆

無職で暇なのでブログ始めてみました!雑記ブログです。

【基本】職業訓練校の選考【準備】

みなさんこんにちは!テツです。

 

先週の話ですが、職業訓練を受けるための選考があり行ってきました。

正直、職業訓練の選考面接って企業の採用面接とは違い、何度も受けることってないですよね。

 

経験がないのでどのような服装で、どのような準備をしておけばいいのか分らないって人も多いと思います。僕もその1人でした。

 

僕もネットで『職業面接 服装』みたいな感じで検索して一応準備はしましたが、面接の練習は全くやりませんでした。

 

では一般的にはどのような服装で、どのような準備が必要なのかを面接時に聞かれた質問や、他の方の服装などを参考に解説していきます。

 

 

服装

これは間違いなく男女共にスーツスタイルが無難で間違いないです。

ハローワークの方にも言われましたが、あくまで職業訓練の目的は就職してもらうことなので、就職に対する意識が強い方を入校させたいと考えているようです。

 

ただ僕が受けたコースの方々は私服の人が多かったですね。男の人でジャージ姿の人もいました。その方が合格したかどうかはまだ分りませんが、仮に落ちていたら服装の影響かもしれません。

 

面接会場へ下見

これは僕が経験した失敗談からなのですが、面接当日までに会場への行き方や場所を知るためにも下見に行くことをおすすめします。

 

僕はよく知っている場所だからいいやと思い、下見をせずにぶっつけ本番で挑みました。しかし、道を間違え開始の時間が近づくにつれてパニックとなりさらに道に迷うという悪循環に陥りました。

 

結局間に合わないと判断し、訓練校へ電話をして事情を正直に話し、詳しい場所を教えてもらいなんとか到着。

この時点で10分ほどの遅刻です。正直終わったと思いましたね。普通の学校ではなく、就職を目的とした職業訓練校の面接に遅刻とか、社会人として終わっています。

 

なので下見に行くか、せめて明確な場所は把握しておいた方が良いでしょう。

 

面接に来た人数

これは都道府県や受講コースで変わると思いますが、僕が応募したコースはパソコンスキルです。基礎ではなく応用の方を選択したので、あまり人気はなく定員割れしておりました。男女比は半々といったところ。

 

人気があるコースは6ヶ月とかの長期間でモノ作り系が人気があるようです。就職率も高かったです。

 

僕の場合は早く働きたいので短期コースを選択しました。このコースが修了する頃にはコロナの影響も収まっているのではないかという算段です。現状では収まりそうにもありませんが。

 

面接に来ていた人達

面接に来ていた人達の男女比は半々ぐらいと書きましたが、年齢は結構幅広く感じました。女性の方は割と若い人が多い印象ですが、男性は30代が中心でそこに40代50代が少し混ざっているという感じでした。

 

短期間とはいえクラスメートみたいな感じになるので、この年齢差はキツいと思う人もいるかもしれませんね。ただ目的は就職するためなので、無理に仲良くする必要はないと思います。問題を起こさず無難に過ごしましょう。

 

 

面接で聞かれた事

ここからは実際に面接官に聞かれた事を解説していきます。

正直、面接というほどのものではなく、面談といった感じで全く緊張する事もなかったです。職業訓練の面接で良くされる質問などはググればすぐに出てくるので、とりあえずググりましょう。

 

①このコースを希望した理由

とりあえずこれは絶対に聞かれると思います。

別に模範解答的に答える必要は無く、正直な気持ちを話せば良いと思います。

ちなみに僕は以下のように答えました。

 

『就職活動をしていく中で、パソコンスキルは現代において必須に近いスキルになっていると感じました。しかし、自分にはパソコンスキルがあまりなく、闇雲に就職活動をしても良い結果にはならないと思い、受講を希望しました』

 

②今までの職歴

これも聞かれました。

聞かれるというよりは事前に紙を渡され、それに答えていくのですが面接でさらに深く聞いてくるといった感じでした。

これは正直に今までこういう仕事をしてきましたと普通に答えてオッケーです。

 

③みんなと仲良く出来るか

面接官に結構重要な事ですが、性別・年齢もバラバラな人達と協調性を持って過ごす事が出来ますか?と聞かれました。これには以下のように答えました。

 

『私の前職では男女問わず年齢も幅広い方が働いていましたが、私は特に問題もなく一緒に働けました。』

 

とにかく大丈夫だということを伝えましょう。

 

④途中で良い就職先が現れたらすぐに就職できるか?

訓練期間はみっちりとスキルを学びたいですと言いたいところですが、やはり就職することが目的なので、就職することが優先となります。なので、いつでも就職する準備はできていますと答えるのがベストだと思います。

 

⑤訓練を受けるコースのスキルについて

これから学ぶ事についてどれだけ知識があるか聞かれます。

ここで詳しすぎるのもダメらしいです。それだけ分っていれば独学でもいけると判断され、受講できない可能性も。ただそれは人気のあるコースだけだと思うので、定員割れしているコースは大丈夫だと思います。

 

⑥適当に雑談

後は雑談して終わりです。

僕の考えですが、この雑談でその人の人間性を見ている気がしました。

それまでの質問はググればだいたい同じような事が書いてあるので、事前に準備が出来ます。しかし唐突に始まる雑談ではどんな質問が飛び出すか分りません。

 

ちなみに僕が聞かれたのは以下の通りです。

『家ってどのあたりですか?』

『高校はどこですか?』

『車で通うんですか?』

『趣味とかってありますか?』

『同い年ですね!』

などなど結構フランクに話してもらえたので、気持ちは楽でしたね。

 

うちの県の選考はおそらく緩いんだと思います。

他の人のブログなどをみると記述のテストがあったり、もっと厳しい面接だったりするらしいので、これは地域によるのかもしれません。

 

まぁ、とりあえず人生を変えるための第一歩を踏み出せたのかなと感じております。

ってことで今日は真面目なブログをかかせていただきました。

 

余談ですが、やはり面倒事を先に片付けると他の事も捗るようになってきました。

この調子で就職まで突っ走ります!