テツブログ~工場勤務の日常~

工場勤務をしている30代独身男の日常です。

工場勤務のメリット・デメリット

f:id:debumalisttetu:20210105114137j:plain

 

今回の記事では零細工場で一ヶ月働いてみて感じたメリットとデメリットを紹介していきます!

前職がかなりのブラック企業だったこともあり、『そんなことがメリット!?』と思われる方もいるかもしれませんが大目に見て下さい。

またあくまで自分が働いている工場の場合ですので、全ての工場がそうだとは限りません。

では行ってみましょう!

 

 

 

メリット

タイムカードがある

は?当たり前じゃない?と思われるかもしれませんが、僕にとってはかなり衝撃でした。前職ではタイムカードはなく全て手書きだったので...

あと15分で計算してくれるので、少し残業したっていう時も残業代にプラスされるのも地味に嬉しいですね。

田舎の零細工場でもタイムカードがあるので製造系はほぼあると思っていいと思います。

 

残業代や休日出勤手当が出る

これも普通の会社や企業なら当たり前だと思いますが、前職のブラック企業では全てサービスで残業や休日出勤をしていました。残業するのは嫌ですが、お金が出るだけマシかなとは思えるようになりました。前職では残業や休日出勤している人程偉いという風潮があり、洗脳されていました。*1

知り合いの話などを聞く限り、工場では残業代や休日出勤手当は出しているところが多い印象です。

 

未経験でもオッケー

色々な製造系や工場の求人を見ましたが、未経験オッケーの企業が多かったです。人手不足のところが多く、あまり選んでいられる状況ではないといった感じです。特に単純作業をするだけなら慣れれば誰でもできます。

 

コミュニケーションをあまり取る必要がない

基本的にコミュニケーションはほとんど必要としません。業務上でどうしても話す必要がありますが、それ以外のプライベートの話はほとんどしません。

実際、僕の場合ですが朝のおはようございますと帰りのお疲れ様だけだった日もあります。

休憩時間もほとんどの人が車で寝ています。

 

デメリット

立ちっぱなしの事が多い

工場とかだと休憩以外は立ちっぱなしで作業をするというところも少なくないと思います。これは慣れているかどうかにもよりますが、今までデスクワークだった人がいきなり工場で働くと最初のうちは足がパンパンになったり筋肉痛になるでしょう。

 

面白くない

これは僕の個人的な感想ですが面白くないです。

ただロボットのように動き続け製品を製造していく。その過程にほとんど喜びはありません。上の立場になるとまた違うのかもしれませんが、下っ端だとただ指示されたことを黙々とやるだけなので微妙に鬱っぽくなってきます。

 

職人的な事を求められる  

自分の働いている工場ですが、場合によっては職人技みたいな事が必要になります。その技を修得しなければ仕事にならないのですが、マニュアルがなく見て覚えろと言われ未だに覚えられず肩身の狭い思いをしています。

単純作業だけと思っていたので、これには驚きました。

 

夜勤がある

これも工場によると思いますが、夜勤がある場合が多いです。

自分の場合は20時から翌朝の5時~8時まで働きます。5時が定時でそれ以降が残業です。これが思っていたよりも辛く、さっそく挫折しかけています。

やはり人間のリズムというのは明るくなったら起きて暗くなったら寝るようになっています。

それを無理矢理逆転させるわけですから体に悪いのは明確です。

よく寿命が縮まるとか言われてますが、間違いないと思います。

 

転職先が工場になりやすい

工場が嫌だと思って転職しようと思ってもまた工場になる可能性が高いと思います。

工場ではほとんどスキルは身につかないと僕は思っています。

なぜならその工場でのスキルは身についても転職先ではほとんど役に立ちません。

工場勤務の経験ありってことで他の工場に拾われる可能性はありますが、営業とかはかなり厳しいと思います。

 

まとめ

こう書いてみると若干デメリットの方が多そうですね。

これは僕がまだ一ヶ月弱しか働いていないからというのもあると思います。

仕事を覚え慣れてしまえば楽なのかもしれません。

あと夜勤に慣れるかどうかは完全に体質だと思います。

結論は将来の事を考えるのであれば早めに転職すべきです。

 

 

 

*1:実際に出世するのはそのような人達でした