てっちゃんブログ☆ゲーム時々日常☆

無職で暇なのでブログ始めてみました!雑記ブログです。

【行動力を上げる方法】なぜ、すぐに行動できないのだろうか?【まず5分やってみよう】

こんにちは!テツです。

朝起きてすぐはこんな感じです。↓

f:id:debumalisttetu:20191111210524j:plain

ヤル気が出ない時ってありますよね

 

twitter.com

 

 

頭で分かっていてもなかなか行動に移せないって人が多いんじゃないですか?

これには理由があり、改善する方法があります。

 

 

結論から言えば、まず5分で良いのでやってみることです。

まずはそこから始まります。

 

 

では、詳しく解説していきます。

 なぜ行動出来ないか

 

そもそもなぜ行動出来ないのか?

それは単純にヤル気があるかどうかという問題ではありません。

自分の置かれている環境と、人間がもともと持っているバイアスによるものです。

 環境の問題

一つ目の理由として、置かれている環境です。

なにか作業をしようと思った時にその場所が片付いてなくて、まず片付けから始めるってことありませんか?

 

 

この時に片付けをしているから行動しているって思うかもしれませんが、結局、目的の作業を始めるのに時間がかかってしまうし、片付けて満足してしまって肝心な目的を忘れてしまう可能性があります。

 

 

例えばブログを書くデスクがあるとして、そのデスクの上が散らかっていたら片付けから開始して、ブログへの集中力が途切れてしまいます。

 現状維持バイアス

二つ目の理由としては人間の脳には「変化することへの恐れ」が刷り込まれているからです。

 

 

バイアスというのは意思決定における偏りみたいなことです。

 

 

これは狩猟採集時代に刷り込まれたもので、この時代においては環境を変えるということは命の危険をともないました。そこでとりあえず現状を維持して、無理そうなら狩猟場所を変えるなどの行動をします。

 

 

これが現代においても現状維持バイアスとして残っているのです。

僕を例にするとブラック企業と認識していたのに10年も働いていました。

心身ともに体調が悪くなり、明らかに退職もしくは転職活動をした方がいいのに行動出来ませんでした。

 

たとえ退職して無職になっても、今の日本ではおそらく死ぬことはないですし、生きていく方法はたくさんあります。

行動力を上げる方法

では、具体的に行動力を上げるにはどうしたらいいのか?

ここから具体的に説明していきます。

とりあえず始めよう

ヤル気がなくてもまず行動してみることです。

とりあえず動いてみる、これは単純に思えるかもしれませんが、非常に重要なことです。

ヤル気スイッチをONにするには

ヤル気がなくても行動しているうちにヤル気スイッチがONになります。

行動をする前にヤル気を出すというのはなかなか難しいものです。

 

そこでとにかくまず5分行動してみてください。

  • 5分部屋の片付けをしてみる。
  • 5分読書してみる。
  • 5分筋トレしてみる。
  • 5分ブログを書いてみる。

実際やってみると5分以上続けられることもあるし、仮に5分で終わっても5分は行動出来たわけで、これは大きな一歩です。

20秒ルール

行動を習慣化するには20秒ルールをお勧めします。

アメリカの心理学者ショーン・エイカーがハーバード大学で行った研究によると、人間はとりかかるときに必要な時間を20秒短縮するだけで、それを習慣化できるとしています。

 

では20秒短縮するにはどうしたらいいのか?

環境作りの項目で解説していきます。

シングルタスク

また、行動をするときは一つの事に集中する「シングルタスク」をお勧めします。

「マルチタスク」と「シングルタスク」の違いは別の記事で解説します。

 

シングルタスクだけで一つの記事が書けるほど、奥が深いものとなっています。

マルチタスクというのは簡単に言えば、電話をしながらブログを書くみたいな状態です。

 

実はこれ作業効率が良いように思えますが、実際はシングルタスクで一つ一つタスクを終了させた方が、効率が上がります。

 

なので作業をするときは、あれもこれもと手を付けるのではなく、自分はいま本当は何をするべきなのか?を考え一心不乱に取り組むことです。

 

簡単に言えば今を大事にする。目の前のことに集中するということです。

今を生きるについてはこちらの記事でも書いていますので、参考までにどうぞ。

 

www.tettyanblog.work

 

環境作り

なにか作業にとりかかるときに20秒短縮すれば、その作業を習慣化できると上の文章でも述べました。

 

まず、簡単なやり方としては必要な物が手に取りやすい環境にすること。

行動のために必要な物を、手に取りやすい場所に置いておく。

アフォーダンスをデザインする

アフォーダンスというのは環境が行動を決めている状態です。

僕の例を出すと以下のようになります。

  • 机が2つありますが、1つはブログ専用と決めているので、その机にはブログを書くことに必要な物しか置かないし、その机に向かった瞬間ブログを書くという気持ちになります。
  • ご飯をたべるのはもう1つの机で食べます。こちらは折り畳みになっているので、食べ終わったら片づけます。
  • ゲームやYouTube見る場所も決めています。この場所はリラックスする場所だと決めているので、そこではブログのことは考えません。
if-thenプランニング

if-thenプランニングとは「もしXが起きたらYをする」みたいにしておくことで、行動を習慣化できます。

  • 歯を磨いたら、洗面所もついでに掃除する
  • ブログを書いたらTwitterでつぶやき、ついでに他のツイートを確認する
  • 本を読んだら簡単な感想を書く

みたいに〇〇したら〇〇すると決めておけば、行動の初速を最大化することができ、行動の習慣化ができます。

まとめ

  • とにかく5分行動してみる
  • ひとつのことに集中する
  • 行動をする場所は常に整理整頓しておく
  • アフォーダンスを意識する
  • if-thenプランニングを使いこなす

 

いかがだったでしょうか?

ここに書いてあることを全てやるのが難しい人は、とにかく5分行動してみるを実践してください。

 

行動することでヤル気が出てきて、行動することで現実が変わります

僕もまだまだ現実は変えられていませんが、変化を恐れては成長できません。

とにかく行動あるのみです!

 

新たなことにチャレンジするのも良いと思いますよ。

僕は今、求職中でぶっちゃけ時間があります、

10年間長い旅行など全く行けませんでしたが、しばらくは満喫したいと思います!

 この記事がみなさんのお役に立てれば嬉しいです。

 

 

f:id:debumalisttetu:20191111210528j:plain

ヤル気出てきましたか?