てっちゃんブログ☆ゲーム時々日常☆

無職で暇なのでブログ始めてみました!雑記ブログです。

【失業手当】初めてのハローワーク【簡単な流れを解説】

こんにちは!テツです。

今日は失業手当の手続きをするために最寄りのハローワークへ行ってきました。

会社を辞めて最初はすごくフットワークが軽かったのですが、今はこんな感じです。

f:id:debumalisttetu:20191107213848j:plain

何もしたくない

f:id:debumalisttetu:20191107213846j:plain

ゲームしたいんじゃ!

だらだらとしていたのですが、失業手当がないとヤバいのでしばらく無職の人は離職票が届いたらすぐにハローワークへ!

 

初めて行ったので手続きの流れや所要時間など、全然分からず少し戸惑ったので、これから失業手当の手続きをする人に向けて記事を書きます。

 

まずはハローワークへ行く前に必要な書類やものを準備しましょう。

また、家を出発する前にもう一度確認しておくことをオススメします。

二度手間になってしまうので、時間がもったいないです。

 

 

必要な書類やもの

  1. 離職票①・・・退職した会社から送られてきます。記入するのところはあまりなく、名前と住所それから金融機関についてです。
  2. 離職票②・・・これも①と同じく退職した会社から送られてきます。
  3. マイナンバーカード・・・もしマイナンバーカードがなければ、個人番号が分かるもの、通知カードや住民票(個人番号の表記あり)が必要です。僕はマイナンバーカードも通知カードもなかったので、ハローワークへ行く前に住民票を取りました。個人用で個人番号ありで取りました。間違えて、世帯全員の分も取ってしまい、300円損してしまいましたので、注意が必要ですね。
  4. 運転免許証・・・持っていなければ、保険証などでもよいとのこと。
  5. 本人の印鑑・・・僕は使わなかったですが、一応持って行きましょう。
  6. 写真2枚・・・・最近の写真でタテ3センチ、ヨコ2.5センチ程度のもの。証明写真でよいと思います。僕はたまたまマイナンバーカードの写真付きを作るため2週間前に撮っていたので、それを使いました。指定されていた大きさよりも少し大きかったですが、特に問題はなかったです。
  7. 本人名義の預金通帳・・・これは忘れそうなものナンバー1なので、必ず確認しましょう。

 

以上のものをカバンに詰め込んでハローワークへGO!

 

まずは受付へ

僕は11時ぐらいに行きました。

人は意外といましたね。

ハローワークに着いたら、まずは受付へ行きましょう。

たいていは入った瞬間に声をかけられると思いますので、「失業手当の手続きにきました」と言いましょう。

 

そしたら離職票①と②を渡すように言われるので渡します。

続いて、免許証を渡して本人かどうかの確認を行います。

 

確認が終わると、アンケートと「求職申込書」という紙を渡されるので、まずはこれを書きます。

 

求職申込書は自分の情報(名前や住所)と希望する職種や希望就業形態(正社員、派遣、請負)、希望勤務時間、希望収入、その他の希望、学歴や経験した主な仕事などを記入します。

 

これが結構時間がかかるので、出来ればハローワークに行く前にどのようなことを書くか、簡単にまとめておくと良いかもしれません。

 

会社から送られてくる書類の中に求職申込書の記入例が入っているはずなので、それを参考にしてまとめておきましょう。

 

偉そうに書いてますが、僕は全く考えていなかったので、すごく時間がかかりました。

この求職申込書の中で、その他の希望が一番大事だと感じます。

僕はその他の希望に書いたのは、「完全週休2日制」「祝日も休みならさらに良い」「残業はすくなめ」「ワークライフバランスを考えてくれる会社」。

 

これを全部満たす会社なんてそうそうないと思います。

なので、希望順に書いていきました。

 

書き終わったら再び受付へ。

紙を渡すと番号札と先ほどの離職票①と②をファイルケースに入れて渡され、職業相談部門の窓口に行くように言われます。

 

職業相談部門へ

呼ばれるまでしばらく待ちます。

この職業相談窓口では、今後の転職活動のために登録をしてもらいます。

先ほど記入した求職申込書を見ながら、少し話をしました。

 

登録に10分ほどかかるということで、次の窓口で必要な書類をこの間に記入します。

登録が終わるとハローワークカードがもらえます。

今後はそのカードを受付に提出するのでなくさないよにしましょう。

 

これが終わると雇用保険給付係の窓口へ移動します。

ちなみに、これが終わるまでに要した時間は約1時間でした。

 

雇用保険給付係の窓口へ

先ほどの職業相談窓口で、離職票①と②の入ったファイルケースを雇用保険給付係の窓口にあるボックスに、入れるように言われたので入れておきます。

 

あとは名前を呼ばれるのを待ちます。

ここで少し誤算だったのが、全てのハローワークがそうなのかは分かりませんが、正午の前後2時間と16時以降が一番混み合うみたいです。

 

さらに今日は雇用保険に関する説明会があったようで、それの受付も始まり一気に人が増えます。

 

ここでそこそこの待ち時間があり、その時間でノートにこの記事を書くため色々書いてました。

 

名前を呼ばれて雇用保険に関する説明を一通りされると、次回は〇月〇日に来てくださいと指定されました。

 

それが雇用保険の説明会です。

それに参加しないと失業認定がされないので、必ず参加しましょう。

 

でも、指定されたのは2週間後なんですけど、時間がかなり空いてしまいますよね。

この間に何をするかが重要なのかもしれません。

これで終了して、入り口にあるパンフレット等をもらい帰りました。

 

受付から終了までの所要時間は約2時間といったところ。

これは地域や時期、時間帯で変ってくるので何とも言えませんが、早めの時間帯に行っておいた方が良いとだけは言えますね。

 

まとめ

  • 必要な書類やものは早めに用意しよう。出発前にもう一度確認。
  • 求職申込書に書く内容は前もってまとめておくとスムーズです。
  • 求職申込書の中ではその他の希望をきちんと書くと良い。
  • 時間帯としては昼前後と夕方が混み合うので、朝一がオススメかもしれません。

 

いかがだったでしょうか?

今回は初めてのハローワーク、失業手当の手続きについて書きました。

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

 

今後も何度かお世話になるであろうハローワーク。

次回は雇用保険の説明会について書こうと思います。